f0066076_03480767.jpg
 今日の五時間目にする研究授業を簡単に言うとタイトルのようになると思います。今回もギリギリまで準備を続けています。指導案は昨日のうちに職員に配布しました。結構、評判は良かったです。教頭は「指導案を読んで面白いと思ったのは今回が初めてでした。」と言ってくれました。そんな事を言われたのはそれこそ今回が初めてでした。授業をするクラスの担任からは「この子たちへピンポイントの授業ですね。4月の遠足から始まった取り組みがここにつながっているんだと思って驚きました。」と言ってくれました。その言葉には間違いはないと思います。この学校のこの生徒たちのための授業だと思います。ただ、さっき風呂に入りながら思いました。「だから、広がりがないんだよな!」行った先々の学校に即した授業や劇とかばっかりやっているのでその学校とその生徒達とで「完結」してしまうのです。もちろん、自分の中では「方法論」としての共通性・普遍性を持っているとは思うのですが、授業や指導案で誰かに伝わるものでもないだろうなと思います。いつか論文にまとめてみたいなと思っています。
 昨日からは、授業で使う史料、ワークシート、スライドの準備にとりかかっています。久しぶりに「指導言」の検討まで行っています。そうしていくと、指導案やワークシートの修正にもつながっていきます。指導案は、授業研究で説明すれば良いことですが、ワークシートや教材は授業そのものに関わってきますので明日早く行って修正したいと思います。事前授業は四時間目。本番は五時間目。間が1時間ちょっとなので大した調整などできません。まあ、あとは「度胸」と「経験」でカバーします。
 でも、こうやって「こだわりの授業を作る」って楽しいですね。充実した数週間でした。今年の2学期は近年になく「楽しく面白い」2学期でした。
さあ、最後の詰めを行います。そういえば、組合の専従をしているクロッキーも授業を見に来るということです。そう、彼も社会科教師なのです。あとで感想を聞きたいと思います。では報告はまた後で・・・・・
(写真は、北薩地方で権勢を誇った渋谷五族のひとつ入来院氏の墓所です。)

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-15 04:06 | 社会 | Comments(1)

首が取れたあ!!!!

f0066076_18595203.jpg
  同じ敷地内にこういう仏像もありました。一緒に行った女生徒が「ギャア」と悲鳴をあげたので何事かと見てみると、その生徒はこの仏像の首から上を抱えていました。廃仏毀釈で壊された仏像の首から上をそのままくっつけるわけでもなくそのまますっと置いてあっただけだったようです。廃仏毀釈の仏像になれたその生徒もあまりにスポッと抜けたので驚いたようでした。
 こういう壊された仏像を一同に会する展示会も必要な気がします。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-12 19:06 | 社会 | Comments(0)

田の神!?

f0066076_18361638.jpg
 月曜日に見つけた田の神です。でも、看板に「田の神」とは書いてあったのですが、どうもにこやかで大らかな田の神には似つかわしくない、いかめしい姿だと思いませんか。「勝軍地蔵」と言った方が良いほどの勇ましい出で立ち、顔つきです。田んぼあるいは農耕とは関係ないんじゃないかなあ!誰か、田の神研究家はいませんかあ!?

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-12 18:41 | 社会 | Comments(0)

西南戦争慰霊碑

f0066076_06525025.jpg
  昨日、地域をフィールドワーク中各戦争の慰霊碑をまとめた箇所を発見しました。地元の人たちもあまりしらないひっそりと奥まったところにありました。
 ここの特徴は、せまいひとつの神社の境内に西南戦争から「大東亜戦争」まで慰霊碑をひとまとめにしているところです。普通は、護国神社ならば西南戦争の慰霊碑は別な場所にあるはずです。従軍者は国賊扱いですからね。
 ひっそりと奥まったところにある理由はそういうところにあるのかもしれません。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-12 06:57 | 社会 | Comments(0)

陶酔

 授業を考えながら「こりゃ面白いぞ」と自己陶酔に陥っている自分がいます。「難しい古文書の世界をこうやって理解させてやる」!自分の中ではそのような「魔法の杖」を使った授業がすでに完成しようとしています。しかし、きっと明日の朝になってよく考えてみると「こりゃ無理だな」と思うようになるだろうと思います。そして、これを金曜日の本番までくり返すのだろうと思います。それを「気の毒」と思ったり「馬鹿だな」と思ったりする人がいるかもしれませんが、このドキドキ、ヒヤヒヤ感は結構楽しいものです。ドキドキ、ヒヤヒヤじゃないですね。ゾクゾクと言った方がいいでしょう。と言いながらこの教師生活では結局うまくいかなかったことも何回かありました。でも、結構いい思い出、勉強になっています。当たって砕けたいと思います。普通じゃないのが俺様なのだ!!!(バカボンのパパの気分です。)
[PR]
# by yksayyys | 2017-12-10 22:59 | 社会 | Comments(0)

古城跡

f0066076_19285666.jpg
  先週、小学校の先生たちとの「社会科分科会」での懇談である小学校の先生から「え、ここに城があったんですか?」と聞かれました。勤務校の校区内には私が知っているだけで4つの城がありました。もちろん山城ですが、2つの小学校の裏はどちらも城跡です。もう4,5年目になる先生たちですが「そうか、知らないんだ。」と驚きました。そう思いながら土曜日に帰宅途中この案内板に立ち寄りました。城跡の説明がしてあります。市の指定文化財でもあるのですが、案内板はご覧のように朽ち果ててしまい、かなり傾いてきています。私はその姿を見て思わず車を停めて10枚ほどの写真を撮りました。「このまま倒れて人の記憶から消えてしまうのでは」そう思うほどでした。この前を多くの小学生、中学生が通学で行き交います。何とかならないものでしょうか!知り合いに相談してみようと思います。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-10 19:37 | 社会 | Comments(0)

指導案と史料

 先ほどひととおりの指導案(細案)を書き終えました。今日の朝から書き始めましたので、約4時間かかったことになります。が、指導案を書くことなんか全然苦ではありません。もちろん、出来の善し悪しはあるでしょうが、こんなのに何週間も何ヶ月もかかる人がいるということが私にはよくわかりません。劇のシナリオと一緒で思いついた時に一気にやれば「あっという間」に終わります。まあ、聞き流してください(笑)
 対照的に困ったのが授業で使用する史料の読み込みでした。山のような文書の中から勤務校の地名に関わる文書を探し出し、所領争いを扱った「結構面白そうな内容」であることまではわかったのですが、文書の意味はよくわかりません。このままだと使えないと思い、文書のある東京大学の史料編纂所にある英訳を利用しようとしましたが、所詮英訳!さっぱりわからない中世文書を英訳したってわかるはずがありません。「本物がある黎明館に駆け込むか」とも考えましたが、その時ふと頭の中に後光が射したある人の姿を思い浮かべました。中社研のN会長です。「よし」と電話もせずにメールで一方的にお願いしました。すると先ほど電話が来て、丁寧に読み下して下さり、大意も教えてくださいました。私の解釈はだいぶ違っていました。いやあ、助かりました。本当にN会長に感謝、感謝です。

 よく考えれば私も日本史専攻だったはず。古文書学や史料購読の授業をおろそかにしたツケが今まわってきたような気がします!

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-10 16:24 | 学校 | Comments(0)

f0066076_09044167.jpg
  今回の研究授業でぜひやりたいことのひとつに「入来文書」の活用がありました。世界的に有名な中世文書と言われるだけにぜひ授業で扱いたいと考えていましたが、今回はごく限られた短いものを扱うだけにしました。「準備不足」と「難しい」のがその理由です。もう少し早くから専門家の協力を得ながら教材作りをやっておけば良かったなと後悔しています。まあ、授業はこれだけではないので次の機会に用意周到に教材化していきたいと考えています。
 この資料は、地域における「所領争い」に関する文書です。中央の動きと地方の動きがリンクされた面白い史料だと思います。源平合戦、宝治合戦、不在領主、六波羅探題などいろいろな事が学べそうです。どう料理するか!ボツになりそうな気配ですが・・・

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-10 09:15 | 社会 | Comments(0)

中世の山城に登る

f0066076_18551021.jpg
  来週の金曜日の研究授業に活かせないかと土曜授業を終えてから入来の清色城に登ってきました。中世の山城です。北薩一帯を支配した渋谷一族のうち入来院氏の城だったところです。これまでも何度か来たことはあったのですが、いずれも夏でしたので鬱蒼とした雑草と「マムシに注意」の看板に恐れをなして入り口で退散してきました。が、今回は冬ということもあり、果敢にチャンレンジしてみることにしました。写真は入り口近くの堀切と呼ばれる断崖に囲まれた通路の部分です。本丸をはじめいくつかの郭にも行ってみました。ごらんの急勾配で登るのはなかなかしんどいものがありました。夏のヒノクマフィールドワークを思い起こすほどのハードな道のりでした。志布志城のように中世の山城の特徴をよく残した城郭だと思いました。規模としては中規模といったところだと解説に書いてありました。今回扱いたいと思っているのは「入来文書」と「中世の城郭」です。こんな授業、鹿児島県でやるのは私ひとりだろうと思います。妻には「日本でたったひとつの画期的な授業」とだけ言ってあります。実にマニアックな授業になるような気がします。入来文書を扱うのは、歴史教育の立場からの歴史学に対する敬意だと考えています。
 まだまだ、授業構想は固まっていませんが、次第に「研究授業モード」に入っていく自分に満足しているところです。

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-09 19:09 | 社会 | Comments(0)

うっとり

f0066076_20391789.jpg
  学校にある木です。あまりにきれいでうっとり眺めてしまいました。これまでじっくり校舎の外を眺めたりすることがなかったようです。
 なかなか堂々とした鮮やかな光景だと思いませんか!

[PR]
# by yksayyys | 2017-12-08 20:42 | 学校 | Comments(0)