「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

宮崎の憂鬱

 先日のブログに書いた宮崎でおきた憂鬱なできごとについてふれておきます。不快なできごとが2つおきました。1つは、分科会に関してです。私の参加した分科会には毎年参加される退職者Kさんがいます。歴戦の勇士なんだろうと思います。が、とにかくこの人しゃべりすぎるのです。多分、分科会の時間の半分以上はこの人がしゃべっています。レポートは持ってきていません。討論の時間にレポートとは離れて「私の思い」を語るか「唯物史観の歴史を滔々と語る」かのどちらかなのです。話も上手ではないし、かなり観念的です。教条主義といったほうがいいかも知れません。最悪なことに今年はそのKさんが司会を買ってでました。正直言って、あの分科会のほとんどの人は「うんざり」していました。1日目に来た人が2日目2人来ませんでしたが、間違いなくKさんが理由だと思います。Kさんがしゃべると不愉快そうな表情を浮かべていたからです。あとから聞いた話では2日目来なかったMさんは、「県の世話人をやめさせてほしい。来年度はレポーターも辞退する。」と言ってきたそうである。そうだろうなと思う。私も来年が鹿児島大会でなければ違う分科会に行きたいくらいである。ただKさんは何もわかっていないようである。他人のコメントに割って入る悪い癖も直りません。私の報告にはとても好意的で助かった面があるのですが、私の意図とは違った方向で議論しようとして周囲を戸惑わせたりもしました。「来るな」とも言えないし、とても困っています。今回来た人で「次必ず行きます。」と言ったのは、皮肉にもこのKさんだけでした。ああ・・・・・・
 もうひとつの「憂鬱」は怒りの度合いとしては相当なものでしたが、もう過去のできごとなので封印します。世の中にはいろんな人がいます。わかってはいますが、やはり頭にくる人がいます。明日はいい出会いがあるといいな。
[PR]
Commented by ぷくぷく at 2008-12-29 15:03 x
 それは大変でしたね。KYと子ども達は略していいますが、まさしくそういう方なのかもしれませんね。民教連の分科会なのに残念ですが、来年はKさんの姿が見えたら、最初の段階で発言の時間制限と発表の時間、質疑の時間を確認した方がいいかもしれませんね。そして司会はぜったいに任せないこと。それぐらいしないと参加者は減少していくことでしょう。
Commented by アマノジャク at 2008-12-29 17:12 x
そうですね!司会は私の方でやるつもりです。最大の問題はレポーターの確保です。今のところ私しかいません。今年来られなかった福岡のSさんとかに助けてもらおうと思っています。分科会存亡の危機です。よりによって鹿児島大会の前に!
by yksayyys | 2008-12-28 22:12 | 社会 | Comments(2)