ブログトップ

アマノジャクはこう考える

冥利

 私は3年部に所属していますので、この時期は「進路」の話ばっかりしています。が、おととい「進路」に関してとても嬉しい出来事がありました。職員室でしょっちゅう話題にのぼる男の子が「中学校の社会の先生になりたい」と言っているらしく担任から「相談にのってほしい」と言われました。とりあえずその男子生徒に「社会科教師への道筋」を説明した後、思い切って聞いてみました。「どうして社会の先生になりたいと思ったの!?」今まで授業中居眠りかよそ見ばっかりしていたその生徒に「いったいどうしたの!?」という思いも込めて・・・・・返ってきた答えに仰天しました。「3年間社会の授業を教えてもらった先生みたいになりたいと思いました。」私は感極まって彼の手を握りました。「有り難う!頑張って!」・・・・・それから私はルンルン(古い言葉ですね!)です。もうこの学校での嫌な思い出はすべて忘れました。今日も一日じゅう鼻歌まじりに仕事をしました。すると今まで関係のよくなかった女子生徒が「先生、今日ずっと歌唄ってるよね。何かいいことあったんですか?」と聞いてきました。私は「あったあった!でも秘密!」と答えました。その女子生徒その後もずっと「気になる気になる」と声をかけてきました。となりの分会仲間は「教師冥利ですね」と大笑いしていますが、まさにその通りです。「教師は100回嫌な事があっても1回の出来事で立ち直れる」これは私の口癖ですが、今回はまさにそうでした。I君ありがとう。よし!頑張るぞ!
[PR]
Commented by ska37o at 2009-02-06 19:25
いやぁ,それはうれしいでしょう!うらやましいかぎりです。
by yksayyys | 2009-02-05 20:36 | 学校 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・