ブログトップ

アマノジャクはこう考える

教研集会

 今日の朝日新聞に全国教研のことが大きく扱われていました。去年のトラブルがあったからですよね。その記事の中に「教研集会は先生達の純粋な教育研究の場だ」という評論家橋爪大三郎のコメントが載っていました。さめた評論の多い橋爪にしては教組に好意的なコメントと思いました。が、全国教研に過去3度参加した私が正直に言います。「教研は本当に教育研究の場です!いや実践交流の場です。」それは、1回目よりも2回目、それよりは3回目という風に変わってきています。私など「もう少し色があっても」と思うほど、客観的な議論を積み重ねています。きっと公開されても、右翼が「アレッ」と思うくらい「味気ない」と思うと思います。ただ、報告には濃淡がかなりあります。昔は「日教組の会にこんなレポート持ってくるな」と怒る人達もいましたが、最近は「いて当たり前!文句も言いたいが、できるだけレポート内容に即して落ち着いて意見を言おう。」という人達がほとんどだと思います。だから「怖がる」ことないんですよね。おそらく右翼の人達にとってはこの集会が「お祭り」「同窓会」みたいなもんなんでしょうね。あと、中山などのタカ派政治家にとっては「日教組をつぶせ」がウリですから、旗を降ろせないんでしょう。28%の組織率で、「真面目にやっている」のはおそらく10%いないくらいなんです。「その割にはまだ影響力を残している」それが正直なところだと思います。だから、勉強の邪魔しないで欲しいんだよなあ!
[PR]
Commented by ska37o at 2009-02-23 11:31
そのとおり!
みなさん,もっと勉強しようよ。
最近,学校では教育書にあたいするかわかりませんが「教育技術」すらみかけなくなっていますからね。
by yksayyys | 2009-02-21 11:46 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31