「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

原稿10

最後に 
 話は最初に戻るが、そのように歴史的にも重要な役割を果たしてきた社会科の教師たちが、公的に共同で研究する場が少なくなり、研究会に集う者の数が少なくなっているという事実は嘆かわしいことといえる。そのような状況の中、この鹿児島県中学校社会科教育研究会の果たす役割は決して小さくないと考えている。社会科をめぐる様々な問題を議論し、お互いの実践を鍛えていき、結果としてそれが「社会科研究」の発展に貢献する。そういう役割を私たちは担っているのではないかと考えている。ここで述べたものは思いつくままの論であり傲慢な物言いであることは十分承知してはいるが、何かの議論のきっかけになってくれれば幸いである。   

読んでくれた方 ご苦労様でした!
[PR]
Commented by ぷくぷく at 2009-03-03 10:39 x
拝読させていただきました。これまでの歴史研究と歴史教育の関係をうまくまとめていたと思います。わかりやすくて,さすがだと思いました。
by yksayyys | 2009-02-26 23:10 | 社会 | Comments(1)