ブログトップ

アマノジャクはこう考える

金峰の歴史交流館

f0066076_160764.jpg 
 Iさんを待つ間「かくれ念仏」跡に行こうとしましたが、途中まで歩いてから「鬱蒼とした山道」を見て引き返してきました。同僚から「あそこはマムシが出る」と言われたことを思い出したからです。そして、この金峰歴史交流館を訪ねました。ここを訪ねるのは5回目です。郷土資料館関係では黎明館に次ぐ回数です。ここのいいところは割と最新の歴史学の成果が表れているのとまわるのに時間がかからないことの2つだと言えます。時間がない時ちょうどいいんですよね。多分、これからもその回数が増えるのは確実です。訪問者は、私だけでした。だいたいそうですけどね。今回は「万之瀬川」と「金峰山」に重点を置いて見ました。特に物躰松遺跡を念を入れてみました。「万之瀬川の歴史」の授業構想はどんどんふくらんでいきます。
[PR]
Commented by ska37o at 2009-04-18 17:25
写真きれいですね。
資料館ってなかなかいかないんでしょうね。地元の人は…。
by yksayyys | 2009-04-18 16:06 | 社会 | Comments(1)