ブログトップ

アマノジャクはこう考える

おや、登園拒否?

 昨晩も、下の絵のような積み木と「果物の絵」を完成した娘だが、今朝「おなかが痛い」と言い出す。「保育園、休む?」と聞くと静かにうなずく。「保育園、休みたくない」と言い続け、実際ほとんど休んだことのない娘だけにちょっと驚く。「病院に行こうか」というと、これもまたうなずく。とりあえず、しばらく様子を見ることにする。昨日の夕方、同じ保育園の友達の家に遊びに行った後、しょげて帰ってきたので「そのことかなあ」と考えてみたりする。教師という職業のカンが働く。「まあ、いいか休ませてやれ」と保育園に電話をする。朝食もほとんど食べない。皿はピカピカになっているが、弟の皿に移し替えて誤魔化している。「おなかが痛いんだったら、残してもいいのに・・」と思いながらも気づかないふりをする。午前中は、一人でお絵かきと積み木とままごと。息子と2人の時はそう思わないが、娘も加わると、結構「育休」も大変である。しかも、今日は大雨。外にも出られないし、洗濯物も乾かない。こういう時は一日が長く感じる。
 昼食はカレーにする。子供用に甘口にする。おいしかったらしく、2人ともおかわりをする。二合炊いたご飯が空になる。娘もだいぶ元気になる。そして、今久しぶりに「ハウルの動く城」を静かに見ている。少しずつではあるが、テンションが上がっている。「明日は大丈夫かな。」と安心する。あ、そうか明日は歯医者だから「大泣き」間違いなし。一難去ってまた一難。机上の桜が咲く。f0066076_13115576.jpgf0066076_1393296.jpgf0066076_13101945.jpg
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-03-06 22:38
きっと何かあったんでしょうね。でもそれを察しているパパもえらいと思いますよ。ついでに,何が原因だったのかを,落ち着いたころに聞くことも必要かなあ?それともパパと弟の関係がうらやましかったのかな?
by yksayyys | 2006-03-06 13:10 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・