今村明恒という人

 午前中、歴教協の事務局会がありました。先日メールで会長宛に送った中社研報告集に掲載した文章が早速会報に転載されていました。もう何度も目にしている人もいると思いますが「原稿不足」といういことでまるごと提供しました。すみません!来週土曜日は県大会です。午前10時からです。みなさんご参加下さいね。事務局会のあと、会場近くの市立図書館に寄りました。郷土資料を読むためです。今回は主に「九州近世史研究」シリーズと徳永和喜さんの「薩摩藩対外交渉史の研究」に目を通しました。借りて帰るつもりがカードを忘れてしまい残念なことをしました。その郷土資料コーナーで「あれ」と思う人物の評伝を見つけました。今村明恒という人です。先日読んだ吉村昭の「関東大震災」の冒頭に出てくる人物で、関東大震災を予測した地震学者の名前です。ただ、学問的裏付けはあったものの「世間を騒がせてはいけない」という当時の地震学者の代表格大森房吉(この人は有名ですね)がその予測を否定し、メディアなどからも批判を受けています。結局、地震の予測は的中したものの歴史的には大森が名を残すことになっています。この人鹿児島の出身でした。もっと有名にしてあげたい人です。あ、そうそう。江戸時代の加世田一揆に関する記述を探しているのですが、どれもごくごく簡単にしか書かれていません。かなり大がかりで、武士と農民が共同しておこした一揆ということでとても興味深い史実なのですが、もっと突っ込んだ資料が欲しいのです。どなたかご存じありませんか?
[PR]
by yksayyys | 2009-05-31 22:46 | 社会 | Comments(0)