学会報告

 実に久しぶりの書き込みです。じゃあ何から書こうかと考えましたが、やはりNGK学会からでしょうか。2月の博士課程入試失敗の苦い思い出の残るH教育大学でそのNGK学会はありました。報告は1日目のいの1番。ただ、この内容の発表ももう4回目。だいぶ「慣れ」が出てきて緊張感というものがなくなってきているような気がします。発表前夜も遅くまで飲み食いして発表リハーサルもろくにせずに本番を迎えました。本番は「自信のあるところは丁寧に、そうでないところはさらりと流す」という姑息な手段をとりました。が、それがよくなかったのか質疑もほとんどありませんでした。でも、私の報告の時はいつも質疑が少ないんですよね。分科会参加者も少ないし、期待した司会者の質問もあまりパッとしません。理由は何か。おそらく報告内容がマニアックなんだろうと思います。自分としては結構中身のある研究だとは思うのですが、聴く方としては「これは使える」という実践的要求にも「蒙を拓かれた」というような新鮮さにも欠ける内容なのだろうと思います。しかし、私は気にせずにこの報告を続けたいと思います。いくつかヒントはもらいましたので、加筆・修正のうえNK学会で再度報告しようと思います。
[PR]
by yksayyys | 2009-08-17 11:10 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧