「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

回収されない遺骨

f0066076_17463147.jpg 
 2軒目に訪ねたのは東本願寺のJ寺です。連行された朝鮮人の中にはこの地で亡くなった人がいるのですが、そのうち預かっていた遺骨を韓国に返還し、それが韓国で大々的に報道されたことがあります。Iさんもそれをメディアの報道で見た覚えがあるそうです。写真は「永代経」というもので、亡くなった方の名簿のようなものですが、業者の名前で8人の朝鮮人が届けられていました。名前の下には「半島人」と書かれてありました。ただ、ここにある人がどういう経緯で亡くなって、どこの人なのかなどは全くわからないということでした。朝鮮戦争でむこうの戸籍もめちゃくちゃらしく、まさに「無縁」となっています。ここの住職さんもこの事には心を痛めておられるようですが「正直、この名前があるだけで何も資料も記録もないんです。」とのこと。ただ、午前中のTさんの話やらと合わせると「どの辺に宿舎があり、どの辺に墓が作られたか」などははっきりしたような感じでした。Iさんが言うには「日付を見たら、連行された後半の遺骨は届けられていない。まだ余裕のあったころは業者が遺骨を届けたのでしょうが、空襲が始まったりするとその余裕もなくなったのでしょう。」なるほど・・・・
[PR]
by yksayyys | 2009-08-24 17:47 | 社会 | Comments(0)