「島津斉彬生誕200年」シンポジウム

 午後から県文化センターの「島津斉彬生誕200年」シンポジウムに妻と出かけてきました。私は「川勝平太とはどういう人物か」という興味で、妻は「高橋英樹に会える」という期待で参加しました。川勝平太は私のカテゴリーでいくと「中央公論、PHP的文化人」なのですが、民主党推薦で静岡県知事になったということで多少興味が沸いた次第です。が、当然といえば当然ですが、「斉彬ヨイショ」発言が多く、得意の「文明論」を披露する時間はありませんでした。90分くらいの講演じゃないと無理なのでしょう。話は好きそうでしたが・・・
 高橋英樹は芸能人らしく「笑いをとる」のが上手でした。時折見せる「薄笑い」が妙にうけていました。私は最近「次に鹿児島が大河ドラマの舞台になるとすると島津義弘が主人公ではないか」と思っているのですが、高橋英樹も「次は「島津奔る」の義弘でもやりたい」と言っていました。案外、実現するかも!ただ、私がそれを喜んでいるわけではないのであしからず!H市民でありながら一度も妙円寺詣りに参加したことがありません。あくまでアマノジャクなのです。
[PR]
by yksayyys | 2009-09-27 21:35 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧