わかった、わかった

 ちょっと前まで、自分のわがままが通用しないとなると泣きわめいていた娘が、最近「わかったわかった」と言いながら言うことを聞くようになりました。あの言い方からして、保育園の友達の影響なのでしょうが、「だだをこねる」という状態から「自分の感情と親の言う理屈に折り合いをつける」事を覚えたようです。おかげで、泣きじゃくる横で「空説教」をすることもなくなりこちらとしても楽になりました。娘もニコニコしながらそう言うところを見ると「こう言えば、親は何も言わない。」とわかったのがうれしそうです。特に母親への反発が多く、返す刀が私に向かう事が多かっただけに「しめしめ」という感じです。子どもも「状況を突破するための知恵」を身につけていくんだという事が理解できた出来事でした。
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-03-17 04:43
育児休暇の成果でしょうか。子どもと過ごす時間が多くなることで,子ども理解が進むということでしょう。これは,男性の育児休暇が進まない状況に対して大きな武器になりますね。
by yksayyys | 2006-03-17 01:23 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧