ブログトップ

アマノジャクはこう考える

親族会議!?

f0066076_951911.jpg
 昨日は持病のぜんそくで1日ダウン。娘も腹痛とあって、おじいちゃん、おばあちゃんに来てもらって預かってもらう。おかげで久しぶりに昼間に休養の睡眠。病気になると考えるのが「もしこのまま死んだら」ということである。「家と土地のローンは私の名義になっており、保証協会が払うので大丈夫。学校の仕事は「死んだから」と諦めてくれるだろう。パソコンに怪しい映像や文章は遺していない。葬儀会場は、駐車場の広い郊外がいいか交通アクセスのいい繁華街がいいか。妻が考えてくれるだろう。葬儀費用は、中の下くらいのクラスで。残った本は、家族がいらない場合は、友人達か組合、歴教協に寄贈。などなど・・・」それくらい考えていくと、だんだん体調がよくなり、「よし準備万端だ」ということで快復となる。夕方、おじいちゃん、おばあちゃんの家に迎えにいく。いつものように「食わせ放題、遊び放題」帰りの車中で爆睡。帰り着き、夕食の準備をしていると、娘が人形達で何かを作っている。「何?」と聞くと「お話大会」だそうです。大きいテーブル、小さいテーブルにいっぱい人形が腰掛けて向かい合っている。私は、ついつい「私の死後の親族会議か通夜の会場かな」と想像してしまった。今日はすっかり元気。娘は保育園へ、妻は歯医者、目医者、図書館と「お出かけ」・・・・何だ、土曜日といいながらいつもと一緒だ!
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-03-18 23:15
娘さんは,芸術的センスがあるのでしょうね。雰囲気がとても出ていると思います。家族会議の模様でしょう。テーブルで家族でいることの幸せを感じているんでしょうね。
by yksayyys | 2006-03-18 09:21 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・