ブログトップ

アマノジャクはこう考える

高速船乗り場

f0066076_2317853.jpg
 今日も声が出ません。来週の授業大丈夫かな!今日は早朝から子ども達を連れて実家に行きました。種子島の伯母が危篤とのこと。「最後に会ってきたい」と母が出かけたのですが、父は父で重度のパーキンソンで声帯を全摘しているので「万が一が心配」!それで、私たち親子に「おじいちゃんのお守りを」となったわけです。母は高速船を使い「日帰り」で帰ってきました。夕方「タクシー代がもったいないから迎えに来て」との電話があり、南埠頭の高速船乗り場に行ってきました。午後6時20分鹿児島着のロケット(船名)でした。船乗り場って何とも言えない雰囲気がありますね。「哀愁波止場」という懐メロがありましたが、「この人たちはどういう事情で島に行っていたんだろう」と思うといろいろ想像してしまいました。うちの母のように別れの帰りの者もいますが、希望に満ちあふれた表情の人もいます。リュックを背負った初老の人はどこへ行くんでしょう。咳き込みながらぼんやりしていたら周囲がライトアップされ、まさに「哀愁波止場」となっていきました。
[PR]
by yksayyys | 2010-03-06 23:29 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31