歴教協事務局会

 土曜日歴教協事務局会がありました。5人が集まりました。こないだ定年退職を迎えたO会長、奄美や中国などを飛び回っているM事務局長そして、今回種子島から鹿児島市へ異動となったO元事務局長、そして大隅半島から平和教育の第1人者であるK事務局員そして、私が参加しました。こうみるとまだまだ鹿児島歴教協は健在だなと感じました。今回は「戦跡ガイド」づくりの作業ではなく純粋に事務局会でした。6月12日、13日に県大会がありますのでその打ち合わせが主でした。鹿児島歴教協のいいところは「レポート報告に不自由しない」ということです。「メンバーが代わり映えしない」という問題点はありますが、ホント人材は豊富です。今回も「増やす」よりは「減らす」ことに知恵を絞ったくらいです。ただ、小学校に人が足りないのは事実ですね。Sさん、Kさん、Kさんという大物はいますが、それに続く人材がいません。加えて今回はKさんには「(仮題)地域の課題」にまわってもらいますので、小学校分科会が今のところ二人です。去年も一昨年もそうでしたけど・・・
 講演は中社研会長のNさんにお願いしています。「(仮題)鹿児島県における歴史研究と歴史教育における管見」というテーマです。いやあ、かっこいい題ですね。「管見」なんていつか使ってみたい言葉です。2日目のフィールドワークは地元隼人のSさんに案内を頼みました。ヒノクマフィールドワークでもお世話になりました。
 きっと多くを学べる県大会になると思います。私も微力ながら「万之瀬川プラン」の続編を報告します。5年くらいはこれでいこうと思っています。あと、5月3日は一橋の渡辺治さんの講演会がありますし、4月27日は性教育で有名な村瀬幸浩さんの講演もあります。あ、そうそう8月の夏季民教連は50回大会ということで1日目は「模擬授業」をするとのことでした。歴教協もひとこま与えられましたが、「人材豊富」ということですぐにKさんが引き受けてくれました。ありがたいことです!長くなったのでこの辺で・・・・
[PR]
by yksayyys | 2010-04-04 15:40 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧