ブログトップ

アマノジャクはこう考える

編集委員めぐり

 土曜日の午前中は、郷土資料集の第二稿の原稿をかかえて鹿児島市を駆け回りました。最初は、前会長のHさんを尋ねて武岡に向かいました。Hさんには第二稿全体の校正をお願いするためです。次は編集委員のKさん宅でしたが、Hさんの案内のおかげですぐに明和の自宅にたどり着くことができました。次は附属中のMさんのところでしたが、学校に居られるということで附属中に向かいました。学校の決して広くはない校庭に部活に頑張る生徒がいっぱいいました。MさんのあとはS館のNさん。実は前日から連絡が取れずどうしようかと思っていましたが、とりあえず学校に押しかけました。S館には生徒がたくさんいました。どうやらテスト中だったようです。きれいな学校でした。事務室に資料を渡して帰ろうとしたところ、事務室から連絡を受けたNさんがあわてて玄関まで降りてきてくれました。あとはSさんとNさんでしたが、Sさんの自宅に寄る暇はなさそうでしたので明日にまわしてNさんに会うために隼人文化研究会へと向かいました。
 なぜ、私は原稿を持って駆け回ったか!答えは「時間がない」からです。予定では郷土資料集は4月下旬の発送!とにかく急ぐ必要があったからです!あと、お金がないためです。最近「持ち出し」が多くなっているので妻のチェックが厳しくなっていますから。まあ、それよりはやっぱり「時短」ですね!
[PR]
by yksayyys | 2010-04-11 21:18 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31