原田正純さん

 昨日ETV特集「原田正純」を観ました。いやあ、すばらしい人ですね。水俣病はこの人抜きに語れないのは周知の事実ですが、原田さんの人となりというものをあらためて感じることができた番組でした。この番組で印象に残ったシーンがありました。原田さんは常々医者仲間から「あなたの言っていることを信じたいが、何せ患者に近すぎる」と言われるんだそうです。それに対し原田さんは「患者と国は対等じゃないんだ。だから患者に近づくんだ。当たり前でしょう。」と言っていました。そして、「カルテの向こうに見えるもの」ということを力説しておられました。患者のかかえてきたもの、生活の背景、そういうものです。番組の中に鹿児島の人が出てきましたが、「鹿児島は差別が激しいので患者であることを隠そうとする傾向がある」と言っていました。胸にグサリと突き刺さる言葉でした。原田さん自身も癌や脳梗塞と闘ってきています。私は何と闘ってきたのかなあ!
[PR]
by yksayyys | 2010-05-17 21:51 | 社会 | Comments(0)