「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

ETV特集「よみがえる戦場の記憶」を見て

 見終わって茫然としてしまいました。どんな理屈よりもどんな分析よりも、これらの事実がずっと重い、そう思いました。見たみなさん、そうは思いませんでしたか!沖縄戦ってそういうものだったんです。この番組に登場するひとりひとりの人生が「凄まじい」ものでした。涙なしには見ることのできないそういう人生でした。沖縄の血を引く人間としてあまりにも重たい番組でした。
[PR]
Commented by totuki at 2010-07-03 19:55 x
ご無沙汰してます。僕も同じ番組を見ました。とても印象的だったのは、沖縄の方達と旧日本軍の軍人達との関わりが、今も続いているということです。とても違和感を覚えました。自分が沖縄の人だったならば、あのように酒を酌み交わせるだろうかどうか、かなり悩みます。元軍人の方も、戦争中はとても苦労されていたのだということは分かるのですが・・・
Commented by yksayyys at 2010-07-03 20:29
「和解」するには重たい事実ですよね。スパイ容疑で島民を斬殺したわけですから。私も「生涯許さない」方が自然だと思いました。
by yksayyys | 2010-06-27 23:17 | 社会 | Comments(2)