郷土新聞

 1学期における郷土研究会の活動のまとめとして今日「郷土新聞」を発行します。昨日、校正まで終了し、本日印刷して全校生徒・職員に配布します。内容は、会員生徒のレポートです。タイトルは「奥山古墳」「南薩線」「かくれ念仏」「特攻基地」など地元の歴史に関するもので占められています。ある生徒は「なぜ本校には二田さん、三田さん、六田さんという苗字の生徒がいるのか」というテーマで書いています。結構いい仕上がりだと思います。反応が心配ですが、生徒たちの頑張りをほめてあげたいと思います。
 そういえば、昨日地元の図書館から郷土資料集の注文がありました。ありがたいことです。先日はM新聞から「取材に重宝してます。もう5冊。」というお便りもいただきました。この1学期は「郷土資料集」「郷土研究会」で明け暮れたような気がします。今日は、会計の仕事にひと区切りつけるつもりです。そうすれば、1学期は終わったようなものです。はい!
[PR]
by yksayyys | 2010-07-16 05:56 | 学校 | Comments(0)