打ち上げ

 郷土資料集編集委員会の打ち上げが土曜日の夜にありました。出発前に妻から「執筆料はいくら」と聞かれ、金額を答えたところ、「そんなに安くていいの!信じられない!」と言われてしまいました。逆に妻に「いくらくらいと考える?」と聞き返したところ、封筒の中身の4倍の値段を言われました。もちろん、みなさんそれくらい、いやそれ以上の経費をかけて執筆されているんですよね。でも、財政状況その他を考えておさえて会計に要請してしまいました。電車の中では「編集委員のみなさんが封筒の中身を見て落胆したらどうしよう」などとこちらの方が落ち込んでしまいました。が、実際には皆さん愚痴ひとつ言わず受け取ってくれました。ありがたいことです。宴会は「飲み放題コース」の料理でしたが、これまで同じコースを4回頼んできた私の判断ではこれまでで「最も落ちる」内容でした。まあ、たらふく飲んだのでいいのですが、ちょっと気になりました。ビールは大好きな生ではなく瓶でしたが、雰囲気を出すためにグラスはジョッキに替えてもらいました。かなり遅くまで飲みました。「壊れる」寸前でなんとか終わりました。もちろん、楽しい宴でした。みなさん、本当にお疲れさまでした。
[PR]
by yksayyys | 2010-07-25 15:36 | 社会 | Comments(0)