「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

フィールドワーク 黎明館

f0066076_621474.jpg
 昼食後、1時間ほど余裕がありましたので「自由行動」としました。女生徒は3人とも市立美術館に向かいました。男子生徒1人は読書家らしく県立図書館に向かいました。両コースともに満足して帰ってきました。2時から黎明館を見学しました。解説をお願いしてありましたので展示解説員らしき方が案内してくれました。何せ分量が多いので時間がかかりました。ただ、最終場所に黎明館を持ってきたことには大きな意味がありました。これまでの学習の大まかな整理をしたかったからです。幸い、これまでまわってきた箇所の内容とも重なることが多く生徒達にとってもいい「おさらい」となりました。写真は廃仏毀釈の展示でしたが、坊津では驚いていましたが、その後すべての箇所で説明がありましたのでここでは落ち着いて聞いていたような気がします。約1時間半の案内を終え帰路につきました。これまでの資料館には御礼としてこないだできた郷土新聞を渡してきました。お粗末ながらも「実績」ですので渡す意味はあると思っています。これから生徒達は、この一連の学習の中から個人テーマを探し出して研究してもらうことになります。とりあえずは、分担して感想を書いてもらうつもりでいます。もちろん、私は授業の素材に活かしていくことになります。
 あ、そうそう!今回の鹿児島市の資料館見学にS南洲館とIふるさと館は含めませんでした。このブログを読んでこられた方はその意味がわかるかと思います。はい!
 
[PR]
Commented by totuki at 2010-07-31 23:37 x
すごくいい活動をされていますね!!うらやましいです。僕も理科という教科を通して、生徒と一緒に学べる活動をしていきたいです。
by yksayyys | 2010-07-29 06:15 | 社会 | Comments(1)