学会論文下書き終わる

 今年の夏最大のテーマであるZS学会論文の下書きがようやく終わりました。今から「校正」と「註」を始めます。去年はNS学会に出したのですが「研究ノートに」と言われ、断りました。今思えばそのまま載せてもらっても良かったでしょうが、おかげで一年考える余裕ができました。去年よりはよくなっていると思いますが、あとは読む方がどう思うかです。でも、今年はこれがダメでもどんどん書けるような気がします。頭の中にいろいろなアイディアがくるくるまわっています。とにかく今年は「量」で勝負してみようと思います。そういう意味では「いい夏」だったのかも知れません。
[PR]
by yksayyys | 2010-08-24 16:36 | 社会 | Comments(0)