ブログトップ

アマノジャクはこう考える

後続

 ぷくぷくさんのブログを見て考えました。「私たちの取り組みに続く人がいるだろうか!」しばらくあきらめていたテーマでしたが、今有望株がいます。同じ市内の小学校教諭Sさんです。組合の青年部の役員をしながら他の様々な仕事を請け負っています。「私でよければやります。」と言うシーンを何度も見た覚えがあります。そのSさん、支部教研でずっと私と同じ「社会科分科会」で一緒に勉強させてもらっています。そのSさん今年は「先生を見習って」と地域のフィールドワークや文化祭の劇に積極的に取り組んでいました。人権や平和にとことんこだわった内容でした。もちろん課題もいろいろありましたが、すべて自分で把握できているようでした。とにかくSさんは謙虚ですからきっと大きく伸びていくと思います。歴教協にも誘ってみようと思います。
 11月27日に「鹿児島で強制連行・強制労働を考える」学習会で問題提起をする予定ですが、その依頼をしてきたのもSさんでした。「人とのつながり」「地道な活動」いろんな意味でいいものを持っている人です。「大事に育てて」などおこがましい言葉と思っていましたが、もうそういう年齢なんでしょうね!
[PR]
by yksayyys | 2010-10-19 21:57 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31