Iさんとの別れ

 26日の夜に鹿児島で韓国人留学生Iさんとの「別れの宴」がありました。日本最後の取材で、最終日の夜でした。Iさんの研究はさらに深まっている感じでした。いろいろな話も聞きました。「日本の戦後民主主義の評価」「松本清張の魅力」「竹内好の位置」などどれも自分の興味・関心に関わる意義深い内容でした。私のストレスが頂点に達している時期でしたので全体的に私が喋りまくっていましたが、久しぶりに楽しい宴でした。今は大学で非常勤講師をしながら博士論文の仕上げに入っているようですが、きっと偉い学者になると思います。ちなみにIさん、韓国では「親日」派と言われているようです。親しい友人が日本にいっぱいいいるという意味では「親日」なんでしょうが。私が思うにIさんは「国境を超えた」人です。今、大学で受け持っている講座の名前が「人類学概論」なんだそうですが、そういう大きい尺度の研究をしている人だと思います。我が家族初の海外旅行は韓国と決まっていますので、Iさんその時はよろしくお願いします。
[PR]
by yksayyys | 2011-01-30 10:57 | 社会 | Comments(0)