f0066076_18335596.jpg
 連休の合間の月曜日も島にいました。妻が「せっかくだから子ども達の授業参観を」と学校にお願いしたところ、その日はスケッチ大会と海探検ということでした。そして、授業参観ではなく「ぜひ引率をしていただきたい」とお願いされ、その日は1日子ども達の学校の生徒引率をすることになりました。港まで歩いて20分ほど。もちろん、2匹のヤギも連れていきました。スケッチ大会で気づいたことは、小中あわせて7人の子ども達がみんな群れることなくそれぞれ違う場所で絵を描いていたことでした。スケッチ大会というと「グループで動き回りおしゃべりばかりで絵を描いていない。」というイメージがありましたが、ここの子どもたちはそうではありませんでした。引率ということで子どもたち全員と何度も話をしました。留学生ということで里親のもとで暮らしている生徒も3人いました。それぞれつらい事情があるようでした。午後は、潮の関係で海水浴から釣りにメニューが変更になりました。かなり釣れました。20匹以上は収穫がありました。ブダイが多かったようですが、あの手応えを感じることが出来たのですから子どもたちも大満足でした。いちばん釣ったのは小2のうちの息子で9匹も釣りました。写真はその釣った魚です。夜はその魚の塩焼きと刺身そして隣で釣れたイカの刺身がおかずとなりました。本土の学校ではまずできない経験ですよね!
[PR]
Commented by ska37o at 2011-05-12 22:07
おかえり!
大漁ですね!
by yksayyys | 2011-05-08 18:47 | 育児・家庭 | Comments(1)