ブログトップ

アマノジャクはこう考える

教科書研究

 今、学校に7社の社会科教科書が届いています。それを研究し、意見を集約して採択に活かそうということです。歴教協県大会もあったので学校内で真っ先に見ましたが、今までになく「国益」「ナショナリズム」に沿った内容になっています。領土問題も、指導要領では「北方領土問題にふれる」だけで解説書で「竹島問題も」となっているのに応え、「尖閣諸島」まで記述してある教科書も多く見られました。しかも、同じページには「国旗・国歌の尊重」ですからね。地理は昔に戻りました。アジアからオセアニアまで、九州から北海道まですべて記述されています。「3つの県」「3つの国」の時代は終わりました。授業時数が増えるのは当然でしょうね。さあ、どの教科書になるんでしょうね。できたら「今まで通り」が一番いいです。あ、そうそうI社とJ社の教科書は「相当にひどい」ですよ。
[PR]
Commented by ska37o at 2011-06-13 19:12
これまでの3県、3国で地理教育が終わりというのが、あまりにも乱暴すぎたと思います。ぼくとしては、うれしい変更なんですけどね。
Commented by yksayyys at 2011-06-14 19:41
ska370さんに「地理の冒涜だ!」と言われていましたが、ようやく地理「暗黒時代」は終わりを告げることになりました。正直言って「ここ数年、地理は何を教えたのだろう」と考えてしまう状況があります。
by yksayyys | 2011-06-12 07:07 | 社会 | Comments(2)