「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

交渉

 どうも寝付けません!ということでもう1本。明日は教育長交渉です。夏休みの勤務が主ですが、いろいろとそれ以外にも課題が山積していますから張り切って臨むつもりです。先週、社会の時間に「労働三権」の学習をしました。教科書には交渉場面の写真が掲載されています。それを見ながら「来週はここに俺がいるんだ」と心の中で思いました。誰も言わないので自分で言いますが、私は交渉に向いていると思います。ズバズバ切り込み、「イエスかノーか」を問いますので、相手は嫌だろうなと思います。しかし、教育長も議会などでも慣れていますからのらりくらりかわすのが上手です。こちらの質問を受けて長話が始まったりすると内心「しまった」と思うことがよくあります。私が交渉に臨む時の基本は「ゼロで帰ってこない」ということです。「0勝10敗」にしないということです。何か次につながる成果か言質を持ち帰るということです。「交渉」は私における重要な「社会参加」の一場面と言えます。ska370さんは手慣れたものだと思いますが・・・
[PR]
by yksayyys | 2011-06-23 00:53 | 社会 | Comments(0)