あれ!

 今日A新聞の特ダネに地元H高校のサッカー部に関する記事がありました。顧問が大会を数ヶ月も前にした8月に3年生を強制引退させたことと顧問の体罰のことが書いてありました。この顧問、KJが全国制覇した時の名GKです。地元紙に掲載されていなかったために私が朝の職員室の話題にしたところ、職員室は意外な反応でした。H高校の処置に同情的なのです。仲間のWさんまでも「マスコミは足を引っ張るような事をするから。」と言うのです。この時、私はあらためて「部活教師」というものを考えさせられました。「何かがマヒしている。」と・・・・「勝つこと」「タテ関係」「力への信仰」私が考えている体育系部活の3つの問題点です。しかし、これも同調者は少ないでしょうね。これを見ている人の中にも「いや、違う」と思っている人は大勢いるはずです。私は、この点に関する限り最後まで少数者でいたいと思います。さあ、明日は地元紙に掲載されるかな。ないとすれば何かの「力」が働いたことになりますが・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2011-09-07 22:01 | 学校 | Comments(0)