誕生日

 4月6日は妻の誕生日である。1週間ほど前「何もほしくないから」「ごちそうもいらない」と言っていたので「じゃあ、軽くいくか」と思っていたところ、おととい妻が「6日は組合の執行委員会だけど早く帰ってくるから」といきなり言う。「え、祝ってもらう気満々なんだ」という事に気づき、あわてて予定を変更して昨日誕生日対策に奔走する。まず「プレゼント」。常々「実用的なものを」と妻が言うので、「筆箱」に決める。いつも私のものを持ち歩いているようなのできっと喜ぶだろう。ただ、遠くまで買いにいくのはだるいので近所のスーパーに行ったところ、プリキュアやキティちゃんなどキャラクターものばかり、「これじゃあなあ」とやむなく鹿児島市内に車を走らせる。入ったお店はWhat、山形屋のファンシーショップである。開店と同時に入店。息子は暴れないようにベビーカーに固定。結構いい筆箱が見つかるが、さすがにいいものは値段が張る。「高すぎる」と他を探したが、いいものがない。結局高いやつを買う。予算の半分以上を食ってしまう。
 帰りに花屋に寄る。花束は「高くつく」ので、自分で適当に切り花を3種類ほど買う。おまけに2本もらったので、8本で580円なり。これで食卓を飾ることにする。近所のケーキ屋で予約してあった「一番小さい」チョコケーキを買う。ポイントカードが大活躍で「1000円引き」なり。ということはケーキは680円なり。残りで寿司とケンタッキーフライドチキンの「6ピースポテトパック」そして自分用のアサヒ本生と妻用のライチ酒を買う。これで完璧。そうこうしているうちに、娘を保育園に迎えにいく時間。このごろは、迎えにいくと、園内を「所狭し」と走り回って遊んでいる。結構なことである。娘を車に乗せたところである知恵が浮かぶ。「朝部屋を片づけたところなので、今連れて帰ると家が散らかる。よし、公園に連れていこう。」家に着いてからそのまま近所の公園に向かう。滑り台、ブランコと大騒ぎ。いつもは「ええ、まだ遊びたい」と粘る娘が「そろそろ帰ろう」と言い出す。時計を見ると「まだまだ時間がある。」そこで私は、「お父さん、お庭の草取りをするけど、どうする?」と聞くと娘が「お母さんの誕生日だからお花を摘む」と言い出す。これは一石二鳥。私はせっせと玄関周りの草を取る。息子は、私の集めた草に小石を乗せて遊んでいる。それからちょうどいい時間に室内にはいり、すべてをセッティングして娘に「準備ができたけど、お母さん会で遅れるらしいから早めに食べとく?」と聞いたら「お母さんが来るまで待つ」とのこと。エライ!!そこへ妻から電話。「ねえ、とても早退できる雰囲気じゃないわ。みんな時間通りに集まってるし、欠席なし。どうしよう。」とのこと。私は「用事があるからって言えば。」と答える。15分後、妻が帰ってくる。あとは、どこかのホームドラマにあるような「誕生日」シーンさながらに「ほほえましい光景」が続く。やれやれめでたしめでたし。しかし、こういうブログ日記を見せられる人はつまらないだろうな。でも、育児日記としてはこれが王道かも・・・
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2006-04-07 05:36
もうすっかり,育児パパが板に付いたようですね。本当の主夫になっているようなので,うらやましいかぎり。貴重な体験になっていると思いますよ。パートナーも誕生日への心遣いに喜んだことでしょう。
by yksayyys | 2006-04-07 05:28 | 育児・家庭 | Comments(1)