盛り上がった経済の授業

 私は公民における経済の授業が苦手です。結局、解説して終わることが多いので自分でも面白くありません。そこで今年は経済学習の授業開きの趣向を変えてみました。題して「私の支出計画!」簡単なことです。生徒達に「あなたの月給は17万円!これをどう使うか、使い道とその金額を書きなさい。」という単純なものです。ワイワイガヤガヤ結構盛り上がります。途中で質問が来ます。「親から仕送りしてもらっていいですか」『ダメです』「家を建ててもいいですか」『そんな金はありません』そういうやりとりが続きます。光熱費だけは想像がつかないみたいだったのでこちらから一律の金額を設定しました。そして、3人選んで黒板に書いてもらいました。これがまた面白かったです。その生徒の考え方、趣味がもろに出るからです。「住居重視」「食事重視」あるいは「ペットがいなきゃダメ」とか「毎月1回は空港に飛行機を見に行かなきゃ」とかいろいろありました。携帯電話はみんな結構高めにしてましたね。この作業だけで30分。あとはこの表から消費支出、貯蓄、家計という用語を説明して、最後は私の財布の中の様々なカードを種類ごとに紹介しました。生徒たちはいつになく楽しそうに授業を受けていたと思います。やはり授業は「切実感」ですかね!
[PR]
by yksayyys | 2011-10-15 07:12 | 学校 | Comments(0)