微力

 土曜日にある学者から手紙が届きました。執筆依頼でした。その学者は南京事件や沖縄戦の研究者として有名な方です。扱う内容から言って風当たりの強い所にいる人だと思います。「軍隊と地域」に関するシリーズを本を作るということで、鹿児島に関する項を担当してほしいということでした。もちろん、会ったことなどありません。私が以前書いた文章を読んで連絡をしてきたとのことです。無論、引き受けました。こういう時には謙遜などしません。微力ではあっても社会的意義のある仕事に連なることができるのは幸せなことだと思います。完成まで2年ほどあるとのことですが、駄馬に鞭打って頑張ります。低空飛行の私に神様が上昇気流を与えてくれたものと理解したいと思います!!
 見通しなどありません。あるのは意志だけです!!!
[PR]
by yksayyys | 2011-10-17 21:09 | 社会 | Comments(0)