ブログトップ

アマノジャクはこう考える

呉越同舟!?

 今日午前中ある学習会に参加してきました。勤務校の校区内にあった陸軍飛行場の実態を探ろうとする学習会です。前任校における元同僚(元校長でもあります)から再三誘いを受けていたものです。一昨年、私の文化祭における劇を参観してくださった方でもあります。今日ようやく時間が取れて参加できました。学習自体はとても勉強になりました。ある方が問題提起をされましたが実証的、客観的でなかなか良かったです。自衛隊出身とあってか軍の組織がとてもわかりやすかったです。ただ、今回私と同じく初参加のおじいちゃんが「うーん」でした。話が強制連行の話に及んだ瞬間に雑誌「正論」片手に「強制連行なんて言葉を使っちゃいけない。この本にその事が書いてある。」と声高に説明し始めたのです。主催者の元同僚は私の事をよく知っているので私の顔色を気にしていました。「そういう部分はこの先生がよく研究していますよ」と私に話をむけさせようともしましたが、おじいちゃんはまくしたてていました。しばらくしてまた「実証的」な情報交換に戻りました。そして、30分ほどフィールドワークにも出かけました。朝鮮人・中国人労働者の宿舎のあった場所でした。だいたいの場所はわかっていましたが、今回はっきり特定できました。が、またここであのおじいちゃんがある方の言葉尻をとらえて「強制連行なんて・・」と叫び始めました。元同僚はそこで散会を宣言しました。月に一度の学習会のことですので、可能な限り参加しようと思っています。が、散会後、事務局と思われる数人が困った顔をして相談をしていました。それは、あのおじいちゃんのことかな、それとも私のことかな!?
[PR]
by yksayyys | 2011-10-29 15:41 | 社会 | Comments(0)