ブログトップ

アマノジャクはこう考える

息子に教えられる

f0066076_1336458.jpg
 息子は娘と違って「乗り物」に興味があります。車に乗っていても救急車とすれ違うと「ピーポーピーポー」、バスとすれ誓うと「バッシュバッシュ」、列車を見ると「きっしゃ、きっしゃ」と指さしながら叫びます。今日、午前中川内方面をまわった後帰宅し、一緒に絵本を読んでいたところ、JRの列車の音が聞こえてきました。「ゴオーッ」線路まで200メートルくらいなので、特にうるさくはなくかえって風情があり、アクセスの良さを考えれば大変有り難い存在と言えます。音を聞いた息子は駆け足で庭に開いた引き戸の所まで行きました。そして、「きっしゃきっしゃ」と指さしながら叫んでいました。「見えないのに、よっぽど好きなんだな」と眺めていましたが、息子の目の焦点が動かないのをみて「もしかして」と息子に近づき、そっと視線を息子と揃えたところ、何とJRの列車が見えたのです。「あれ、家から列車が見えるんだ」この家に住んで3年間、初めて知りました。いつもJRは鹿児島向けに利用するためにそっち向けの車窓から我が家は全く見えません。でも、川内方面からだと家が一瞬見えるのです。これも、息子の行動と息子の目の高さからやっとわかったことです。しかも、川を横切る橋の上の列車の姿はなかなかのものです。
 これからは、音がしたら一緒に駆けていこうと思います。・・・・・列車通過後、息子は何事もなかたかのように絵本「たんたんぼうや」をながめていました。
[PR]
by yksayyys | 2006-04-14 13:52 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31