ブログトップ

アマノジャクはこう考える

判決書教材研究会

 昨夜、学習会がありました。集まったのは5人。まずHWさんの教育史関連論文。読むだけで1時間近くかかりました。長い論文です。HWさんの緻密な研究の積み重ねがわかる論文でした。討議では、「投稿論文にするにあたって何を焦点化していくか」が指摘されました。次はHGさんが「研究におけるデータ処理のやりかた」について提起してくれました。研究に客観性が必要なのは言うまでもないことですが、その客観性をどう証明するかはとても難しい課題です。とても参考になりました。その後はいつもとするとちょっと遅めの飲み会でした。Sさんから「いい知らせ」もありました。コツコツやってると報われるんですね。当然かな。とにかく、励みになるのは事実です。(私もSさんの研究の広がりに一役買わせてもらっています。)いつも入れない居酒屋に入ることができてとてもおいしいつまみやお酒を飲むことができました。その割に値段は安かったです。さあ、これを契機にまた頑張るぞ!!
[PR]
by yksayyys | 2012-09-09 11:38 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31