ブログトップ

アマノジャクはこう考える

シンポジウム成功!

 今日は支部教研でした。今回は私の提案で初の試みとして全体会でシンポジウムを実施しました。3つのサークルの代表者にサークルの活動紹介をしてもらい、それに私がつっこみを入れ、最後にフロアから意見をもらうという流れでした。大好評でした。特に私のつっこみが良かったという声もありました。ただ、私の予想した論議までは行き着きませんでした。シンポジストのみなさんが喋りすぎました。私の20秒の質問に1人が7分くらいずつかけて答えていました。2,3分にしてほしかったです。あとフロアのK先生の意見も10分近く続きました。私は正直にマイクを握って言いました。「組合員は話が長い。」会場はドッと沸きましたが、本当にそう思います。組合活動のスローガンに「ひとりの百歩より百人の一歩」というものがありますが、私は新しいスローガンを提案します。「ひとりの十分より十人の一分」そうすれば多くの発言が保障できると思います。ということで、全体会が20分以上のびて分科会が短くなりました。シンポジウム自体は成功としても、時間配分と意見の時間制限という大きな課題が残りました。
[PR]
by yksayyys | 2012-10-13 22:26 | 社会 | Comments(0)