平和集会

f0066076_2371247.jpg
 痛風の発作も夕方には歩けるくらいに落ち着いたため、夜の飛行機で関西に出かけました。そして、翌日湖西線でおごと温泉駅に向かいました。雄琴ってソープ街というイメージばかりが先行していましたが、それも偏見でした。大規模な「本物の」温泉街でした。
 平和集会の方ですが、あまり期待はしていなかったのですがけっこう勉強になりました。全体会はいわゆるセレモニーなのでほとんど記憶に残っていません。が、分科会が良かったです。私が参加したのは「戦後補償」分科会。4つの分科会では際だって参加者の少ない分科会でした。まあ、どうしても原発関連の分科会に集中してしまいますよね。「戦後補償」分科会で報告されたのが「西松建設強制連行訴訟」「慰安婦訴訟」「外国人被爆者訴訟」。ここ数年自分が取り組んできた内容と「ドンピシャ」でした。当然いっぱい喋りました。そのせいかレポーターがどの方も私にとても好意的でした。「ぜひこの問題のスペシャリストになって下さい」と言われました。光栄なことです。途中で気づきましたがこの集会は「運動」を語る集会でした。私はどうしても「これをどう子ども達に伝えていくか」の問題意識が先に立つのですが、集会の性格をつかんでからは発言内容を若干変えました。が、それぞれの戦後補償裁判に自分たちの仲間が深く関わっていることは大きな誇りと言えます。「収穫大」の分科会でした。写真は会場になったホテルから見た琵琶湖です!
[PR]
by yksayyys | 2012-10-21 23:23 | 社会 | Comments(0)