ブログトップ

アマノジャクはこう考える

島へ

f0066076_19422558.jpg
 家族に会いに島へ行ってきました。船がだいぶ揺れました。立って歩けないほどでしたのでよっぽどの波だったと思います。着いて午前中いっぱいは横になってゆっくり過ごしましたが、午後は息子が「お父さんが来るから」と小学校の全校生徒に集合をかけたらしく小学校の校庭に連れて行かれました。全校生徒6人と未就学の子ども1人の合計7人が集まりました。6歳から12歳まで1歳違いの子ども7人です。最初、「何をするか」のミーティングが行われ、優先順位を決めた後、どの競技を何分刻みでやるかなどの細かい決め事が行われました。休憩時間まできちんと話し合っていました。上級生を中心に異年齢集団が機能的に動いている気がしました。最初は「大縄跳び」でした。私は縄を回す係でした。我が子もずいぶん活動的になっていました。一度もひっかからなかったような気がします。私には未就学の女の子が果敢にチャレンジしていた姿が印象に残りました。お姉ちゃんが何とかクリアさせようとあれこれ知恵を絞っていた姿もとても良かったですね。休憩後はサッカーでした。私は最初は「のんびり」眺めていたのですが、自チームが5対1で負けていることに気づいてからちょっと本気になってがんばりました。続けて4点私が(笑)入れて同点に持ち込みました。最後はPKとなり、小1の男の子が決勝ゴールを放って終了しました。私はこの段階でダウンしました。その後も子ども達は2種類の遊びをやっていたようです。「全島鬼ごっこ」には小学校の先生も引っ張り出してやっていたようです。いやあ、子どもって元気ですね。47歳のおじさんとは違います!!!
[PR]
by yksayyys | 2012-11-26 19:58 | 育児・家庭 | Comments(0)