大八木

 選挙後の話ばかりの新聞記事。全然関係ない記事を探して読んでいる私ですが、懐かしい名前を見つけました。ラグビーの大八木です。もう51歳なんですね。高校の校長に就任とのこと。まあ、年齢としては別に早いということもないですよね。伏見工業、同志社、神戸製鋼とラグビー全盛期のスターであることに間違いありません。私とは大学時代多少重なってますので、同じ町で青春期を過ごしたことになります。私が興味を覚えたのは、大八木が日本全国を講演してまわりながら「努力すれば夢がかなう」風の話が小学生でさえ届いていないのではないかという思いを持っていたということでした。この人の偉いところはそこに気づくところだと思います。そして彼は大学院等で勉強をすることになり、現在の地位につながっているとも言えます。学校というところは、外から講師を呼ぶ時にこういうスポーツ関係の成功者を選ぶ傾向があります。うちの学校もそうです。立志式なんていつもそうです。「努力」「根性」「友情」まるで少年ジャンプのキャッチフレーズみたいなテーマの話が多いのです。私みたいなアマノジャクはまずこういう類の話はダメですね。それより、毎年自由契約になって消えていく何百ものプロ野球選手やケガで特待生がパーになった高校生のその後みたいな話にこそ興味・関心があります。おそらく、呼ばれた講師の中で大八木みたいなデリカシーを持てた人がどれだけいるんでしょうかね。その苦悩、逡巡を経験した校長として大八木には頑張って欲しいと思います。2月のうちの学校の立志式の講師はまたしても某高校の運動部監督です。もう休もうかな!!
[PR]
by yksayyys | 2012-12-19 20:02 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧