教え子

 夜、20年前の教え子から電話がありました。隣町で小学校の教員をしています。今の学校の教え子のお母さんと同僚ということで連絡がとれたということです。その時のクラスは決してうまくいったクラスではなかったのですが、その教え子が言うには「先生の社会科の授業を受けて社会科の先生になろうと思った」とのことです。言ってくれるだけ嬉しいですね。その教え子、文化祭の劇でも活躍してくれました。が、意外だったのはその教え子は出演したその年の特攻隊の劇ではなく翌年の「コルチャック先生」の方に感動したようでした。そういえば、あの時期はまだコルチャック先生はそれほどメジャーじゃなかったですからね。よく言えば「先見の明」に教え子は驚いていたようです。最近、勤務校の近くに引っ越してきたようですので「近々飲もう」ということになりました。教え子も「毎晩飲んでる」とのこと。同類ですね。いやあ、楽しみです!!
 
[PR]
by yksayyys | 2013-02-21 20:46 | 学校 | Comments(0)