ブログトップ

アマノジャクはこう考える

第1回文化部長会そして・・

 土曜日は県教組の文化部長会です。こないだあったような気がしますが、今回は新年度の方針を話し合う第1回の文化部長会です。以前にも書いたように、私は支部の文化部長は3回目です。最初のH支部では20代でやりました。若さで押しまくったイメージがありますが「何したの?」と言われるとさっぱり覚えていません。次のK支部でもいろいろやろうとしましたが、昨年その時の支部長から「あなたのやろうとすることに半数はついていけなかった」と言われました。冷たい言い方でした。きっと私の尻ぬぐいをいっぱいしたのでしょう。話の流れから言って「もう少し考えてやれよ」というメッセージと受け取りました。反省はしていますが後悔はしていません。そして3回目はN支部。策は弄せず、本音でやっています。それを周囲の皆さんが温かく見守ってくれています。50歳に近づいたとはいえまだまだ「攻め」の姿勢は崩していないつもりです。
 今日、県の文化部長Sさんから電話がありました。「交流会をしたい」とのことでした。彼はこれまでの文化部長以上に情報交換を重要視しているように思います。会のたびに「もっと時間が欲しい」「もっとこういう話し合いがしたい」と言っています。「現場の感覚を共有したい」「何が起こっているのか具体的な情報が知りたい」そういう思いからだと想像します。組合専従もいつのまにか「官僚化」してしまうことがあります。「現場の者たちは、どうして言う通りにしてくれないんだ!」そういう発想になりがちです。そして、最終的に「仲間嫌い」になっていく人達もいました。それにくらべてSさんは「偉いなあ」と思います。個人的には「飲む」のは大好きなので「交流会」は大歓迎です。観念的になりすぎず、些末な現実にふりまわされない、そういう意見交換ができたらいいなと思います。そして「組合員の絆」が確認できればいいなと・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2013-04-04 19:03 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31