ブログトップ

アマノジャクはこう考える

教育実習生の研究

 今年はうちの学校に教育実習生が2人も来ます。これくらいの規模ではとても珍しいことです。先日、そのうちの1人が事前打ち合わせに来ました。ひと通りの説明をした後、課題を指示しました。私は最近実習生には事前に課題(宿題)を出しています。そして、今までは聞かなかった質問をしてみました。「あなたの大学での研究テーマは何ですか?」彼女は答えました。「心理学です。」聞いてみると「発達障害に関する学習心理」を専門にしているとのこと。私は言いました。「教育実習だけでも大変でしょうけど、あなたの研究をここでもやってみたら?こちらも勉強になるし!」彼女は嬉しそうな顔をしました。指導教官からも「もし、チャンスがあれば」と言われていたようです。教育実習って「現場の厳しさ」を体感するのが一番の目的になっていますが、逆に「教育実習生の研究を学ぶ」というものもあっていいんじゃないかと思っています。この試みがどう転ぶかはわかりませんが、「教育実習」というありかたを考えるうえでも意義ある取り組みにしたいと思っています。いやあ、いいこと考えるよなあ俺って(笑)!!!
[PR]
by yksayyys | 2013-05-09 20:17 | 社会 | Comments(0)