ブログトップ

アマノジャクはこう考える

報道特集から

 友人からの薦めもあり、土曜日の報道特集を観ました。横浜事件についての特集でした。番組のキャスターの日下部さんは横浜事件の弁護人の息子さんなんです。先日の友人からのメールではじめて知りました。しかし、ひどい言論弾圧事件ですよね。この番組がいわゆる改憲問題の「言論・集会・出版の自由」にスポットをあてていたことに共感しました。教師になる頃「国家秘密法(スパイ防止法)」が話題になりました。その後「個人情報保護法」というものにつながり、徐々に「言論の自由」が危機に陥っていくのを実感しています。管理社会が監視社会と強く結びついていくのがわかります。この番組に出てきた人達はキャスターを含めて全員「今の改憲状況」に警鐘を鳴らしていました。最近、メディアは「アベノミクス礼賛」状況にあります。そんな中はっきりノーと言うこういう番組作りを見ると安心します。民主党のH元首相の祖父は滝川事件の時の文部大臣、H維新の会長老の父親は戦前の言論弾圧時代の検事総長、自民党の派閥領袖Mも特高検察幹部の息子、「血脈」で語るのは良くないのでしょうが、そういう事を考えると、戦前・戦中の言論弾圧もたかだか百年以内のできごとに過ぎません。
[PR]
by yksayyys | 2013-05-12 11:31 | 社会 | Comments(0)