ブログトップ

アマノジャクはこう考える

労働観?の相違

 先日、管理職の方から、出勤時刻、退庁時刻、残業時間をカードに記入する提案がなされました。そして、その議論の中で3つの「労働観」が示されたような気がしました。まず、管理職。このカードの目的は「受診のすすめ」のためだと言いました。つまり、仕事に追われているのは当人の資質・能力の問題で病院の診察を受けてもらう参考にするというもの。次は、私たち労組の立場。「勤務時間内に仕事が終わらないのは現在の学校の勤務のありかたに問題がある」のでそれを改善するためにこの調査があるのだということ。そして、3つ目、若手教員に多いのですが「学校に残って仕事をするのは自分の意思だから余計な調査をしてほしくない。」というもの。私の感覚では、3つ目の意見がかなり多いような気がしました。「早く来るのも、遅くまで残るのも自由。自分でそうしたいのだから放っておいて欲しい。」という発想。格好良く聞こえはしますが、私にはどうも理解ができない発想です。・・・・・こうなってくるとタイムカード制でそれに比例した賃金体系しかなくなってくるような・・・・・教師ってそんな仕事なんでしょうか!?
[PR]
by yksayyys | 2013-05-31 23:49 | 学校 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31