ブログトップ

アマノジャクはこう考える

実習生

 教育実習生が来てから2週間が経ちました。最初のうちは「やはりイマドキの若者たちだなあ」と戸惑った時も多かったのですが、彼女(彼)らもいろいろ経験する中でだいぶいろいろな事を感じるようになったような気がします。私が担当する女の子も、資料にオリジナルの表やグラフを作成したり、ワークシート作成に頑張ったりと徐々に教材研究の面白さに目覚めてきているようです。昨日は、私の「地域おこし」の授業をえらく気に入り「これやりたいです。」と目を輝かせていました。今日は私の講義でした。人権同和教育がテーマです。教務主任から「これまで実習生に最も人気があった講義ですからヨロシク」とおだてられ張り切ってしまいました。45分間みっちり話し、資料もたっぷり準備し、これまで研修などで使ったスライドもCDに焼いて渡しました。終了後、ひとりの実習生に「長かったね。ごめんなさい。」と言うと「いや、あっと言う間でとっても勉強になりました。」と答えたので調子に乗って「どこが?」と聞くと「いじめの授業のところがとっても興味がありました。」と言っていました。やはり、今までやってきたことは間違いないと思いました。実は、私の担当の女の子は私たちの先輩でK大学の講師Kさんが教えているのですが、彼女は言いました。「私が受けたK先生のいじめの授業と全く一緒でした。」そりゃ、そうですよね!一緒にずっとやってきたわけですから。来週、再来週は評価授業が続きます。もうひと踏ん張り頑張ってもらいましょう!指導教官はバテ気味ですが・・・・へとへと・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2013-06-21 21:34 | 学校 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31