京都しめだし事件

 晴明神社からはバスで東山に向かいました。最初に訪れたのは慈照寺銀閣。好みはいろいろあるでしょうが、私は金閣より銀閣の方が好きです。あと、庭もいいですね。門前の通りも風情があっていいです。計画では、哲学の道を歩きながらスイーツを食べ、それから清水寺、三十三間堂に向かう予定でした。が、朝の渋滞のせいで余裕がなくなり哲学の道をカットし、あともう1カ所を清水寺にするか三十三間堂にするかを相談した結果、夫婦の意見が一致し三十三間堂に行きました。5時閉門で4時半までに入れとのことでしたが、ほぼギリギリで間に合いました。いつ見てもあの仏像群には圧倒されますね。その後京都駅まで歩き、ホテルのチェックインを済ませた後、私の行きつけの居酒屋で夕食を食べました。そして、男チームと女チームに分かれて、それぞれ駅ビル探検、ショッピングへと向かいました。が、事件は夜おきました。ホテルには珍しく大浴場がありました。息子と二人で入ったのですが、息子は長風呂は苦手らしく「先に出るね」と鍵を持って部屋に帰りました。そして、息子はそのまま部屋に入って寝てしまったのです。そう、ドアロックのまま・・・久しぶりの「しめだし事件」でした。結局ホテルのフロントに相談して開けてもらい事なきをえましたが、息子はベッドの上で大の字で寝ていました。まあ、いい思い出です!
[PR]
by yksayyys | 2013-08-14 08:02 | 育児・家庭 | Comments(0)