幼虫

 今日、島にいる家族に荷物を送りました。昨夜、「メダカのえさとカブトムシの幼虫のえさを送って欲しい」という電話があったからです。子どもたちは夏休みに聞きにいった「メダカのコンサート」でもらったメダカと妻の実家でとったカブトムシを島に持って帰っています。昨日の話ではカブトムシのかごの中に10匹くらいの幼虫がいるとのことでした。多分大喜びしていることでしょう。今日あわててホームセンターに行ってメダカのえさとカブトムシの幼虫専用のえさ(腐葉土)を購入し、その後追加の要望があったコーンクリームのスープと鮭フレーク、ワインとお菓子をダンボールに詰め込み午前中にゆうパックで送りました。明後日には到着するはずです。島に行ってから子ども達はいろいろな生き物との関わりが増えています。特に学校で飼っているヤギについては思い入れが強いようです。子どもが生まれてはうまく育たず死んでしまうことが続いたようですが、最初に子ヤギが死んだ時は娘はひと晩中泣いていたようです。島には野生の牛もいっぱいいます。私は車のまわりを牛が囲むのが怖くてしょうがないのですが子どもたちはへっちゃらでその野生牛エリアに行きたがります。今年の私の文化祭の劇はその「生き物との共生」をテーマにしているのですが、我が子たちも生き物たちとの関わりを通していろいろな事を思ったり考えたりしているようです。ちなみにカブトムシの幼虫が成虫になるのは来年の春以降のようです。カブトムシの生命のサイクルをはじめて知りました。いつもかけ声ばかりの自分を恥じました!
[PR]
by yksayyys | 2013-10-27 22:50 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧