入試は私事

妻の話によると、保護者がある公立高校に入学願書を請求したところ、「中学校側にしか渡せない」と断られたという。おかしな話である。受験は個人がするものである。私たちがやっている入試の事務は本人やその保護者から委託されてやっているものである。あくまで入試は「私事」なのである。鹿児島県は中学校が何でもやりすぎるのである。それを高校側も勘違いしているように思える。「進路指導」の仕事というとすぐに願書・調査書を書いている姿を思い浮かべるが、それはあくまで委託されて代行しているだけなのである。生徒の保護者が願書を請求して断られるなんて「異常」なことである!
[PR]
by yksayyys | 2014-01-15 21:59 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧