ブログトップ

アマノジャクはこう考える

紀要編集終わる

 社会科教育研究紀要の編集が終わりました。最後の1週間は大変でした。遅れて送ってくる原稿ほど大変なんです。特にFさんのは大変でした。少しでも紀要原稿らしくするために工夫しました。当人にも「せめて、はじめにと終わりにの文章は」と要求しましたがそれが昨晩おそくにようやく送られてきました。出版社へ31日に引き渡すと決めていましたので、今日必死に編集作業を行いました。スーパーのチラシのようだった原稿をようやく「それなり」のものに仕上げたつもりです。その作業を見込んでいましたのでそれ以外の原稿の校正・編集作業はそれ以前にほとんど済ませていました。とは言ってもあれこれミスが見つかり、校正を繰り返した結果ようやく今日の夕方にすべてが仕上がりました。明日、印刷会社の方が原稿を取りにきます。例年からすると1ヶ月くらい早い仕上がりとなります。「できるだけ早く発送したい」との思いがあったからです。今年は久しぶりに自分の原稿の掲載は見送ることにしました。それがなくても十分な分量の原稿が集まったことと、自分の原稿を十分見直す余裕がなかったためです。が、もともとこの紀要編集作業は裏方に徹するつもりでしたので「まあ、いいか」と思っています。ただ、「はじめに」「編集後記」をはじめ名前が出ないだけで私の文章はあちこちにあります。・・・しかし、ああ疲れた!みなさん来年こそは締め切りと執筆要領を守って下さいね。特にUさんとFさん!!
[PR]
by yksayyys | 2014-01-30 19:44 | 社会 | Comments(0)