表彰式

 娘のかわりに美術展(彫塑・立体部門)の表彰式に行ってきました。展示会場の受付にいたのはKさんがずいぶん「お世話した」S中の美術教師Iさんでした。挨拶したところ「もしかして」と言うので「娘の代理で賞状もらいに来た」というと、「いやあ、好評でしたよ」と言ってくれました。彼も審査員のようでした。親バカなので嬉しかったです。会場では子ども達の学校の児童・生徒9人分の作品すべてをデジカメで撮りました。息子の作品「モンスター」もありました。次に表彰会場に向かいました。ずいぶん前に座らされました。代理は私だけ。小中学生の中にひとり50前のオヤジがひとり滅茶苦茶目立って座っていました。言われていた通り、2番目の賞だったらしく県知事賞の次に表彰されました。ずいぶんいい賞だったようです。全部で40人くらいが表彰されたと思います。表彰の後、講評でしたが、あんまりいい話しじゃなかったですね。「準備不足」と感じました。それに比べて閉会の挨拶をした美術館長の話は良かったです。作品のひとつひとつをパネルにして「ここがこういう風にすばらしい」と解説をしてくれました。娘の作品も出てきました。陸上選手がゴールテープを切る瞬間なのですが、「靴の靴ひもまできちんと表現できている」ということでした。「細かい表現力」が評価される美術展なのかもしれません。先ほど電話で娘に様子を伝えました。とても嬉しそうでした。さすがに今日は「私が取った賞なのに」という愚痴はもらしませんでした。子どものおかげでいい思いをしました。
[PR]
Commented by at 2014-02-24 14:31 x
昨日はお疲れ様でした。ちなみに私は審査員ではありません。ただのお手伝いでした。子どもさんの作品は本当に動きや瞬間をしっかり捉えていて大好評でしたよ。わたしもびっくりしました。
ちなみに分会復帰いたしました。またよろしくお願いします。
ここに昨日の写真送るにはどうすればよいですか?おくりかたがわかりません。
by yksayyys | 2014-02-23 20:15 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧