Tさん

Tさんのことを「生臭坊主」と書きましたが、これは最大限の褒め言葉なんです。宗教家として現実の問題に深くコミットし、実践的活動を続ける姿は「葬式仏教」と揶揄される仏教界において傑出した存在だと考えています。初めて会ったのは間違いなくハンセン病問題訴訟の後だったと思います。Um先生とのつながりでした。よく調べていくとTさんは強制連行・強制労働の問題や部落問題などにも深く関わっていました。私は前任校の時に職員研修「人権同和教育」にTさんを講師に呼ぼうとしました。お寺も学校から近かったのでアポをとって直接会いにいきました。Tさんは、ご自分の子どもさんの話などを興味深く語ってくれました。残念ながら研修の日と日程が合わずTさん自身の推薦で元県同教会長のOさんを紹介してくれました。内心「Oさんの話だったら何度も聞いたことあるしなあ」と少々がっかりしましたがその後ほどなくOさんが亡くなられたことを思えばそれも感慨深いものがあります。とにかくTさんみたいに自由な感覚でひとりでも頑張っている人ってとても魅力的ですよね。そういう人ほど多くの人達とつながっているような気がします。そのひとりが森さんだったのでしょう。
[PR]
by yksayyys | 2014-04-22 17:37 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧